2017年08月17日

支払い時だけのセルフPOSレジ、その利便性とは?

yam01.jpg

この頃利用するスーパーマーケットは、支払い時だけ利用者が操作するセルフPOSレジを導入していることが多くなりました。支払い時に利用者が自分でお金を自動釣銭機(じどうつりせんき)に投入し、精算を終了させる、中途半端とも言われるそのPOSレジですが、なかなか、混雑解消に役立っていそうです。こうしたPOSレジは「セミセルフレジ」と呼ばれ、導入が広がっています。商品のバーコードスキャンから支払いまで利用者が操作する、利用者の負担が大きいセルフレジを併設しているスーパーやディスカウントストアがありますが、このセミセルフのPOSレジは利用者のレジ待ち時間の短縮が効果として見られているようですので、利用者の最初の戸惑いに反して、利用者にとって好都合と言えなくもないでしょう。

今やスーパーのレジは、一般的なPOSレジからセルフレジ・セミセルフレジにいたるまで、自動釣銭機が標準となっており、金銭授受の間違いを防ぐ手段としての自動釣銭機導入が、その他の小売業や医療業界でも増えています。POS業界では、ミスを発生させないシステム、そこで働く人の業務効率をアップさせ、人手不足を解消するシステムは、ハード・ソフトともに優れたものへと発展しています。

POSレジ・POSシステムに関するお問合せはこちら
株式会社ポスコ
http://www.posco.co.jp/
posted by POSCO | 自動釣銭機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
POSレジ・POSシステムのポスコ カスタマイズできるPOSシステム。お店の悩みをズバリ解決。話題のハンディ端末も http://www.posco.co.jp/POSレジ、POSシステムの開発、カスタマイズの株式会社ポスコは、アパレル業界をはじめ様々な管理システムを提供致します。